アメリカの霊園事情

アメリカ人の友人と話していた時に霊園のことが出ました。日本の霊園はとても明るくて整備が整っていてきれいだと感心していました。

アメリカの霊園はどんなものがあるのかとたずねてみたところ、いくつかの種類があるという答えでした。
まずは日本のお寺にある墓地と同じ教会墓地があります。

教区民のための墓地で、教会と隣り合っていることが多いです。


個人墓地というのもあります。

自分の家の敷地内に作る墓地です。

20世紀まではよく見られていましたし、現在も私有地ならば許可されています。
しかし、お墓があることで引越しなどもしにくくなることから現在では少なくなっています。

メモリアルパークは公園墓地にあたり、美観のためにお墓の形や大きさをそろえてあることが多いです。

墓碑は敷地内の芝生に平面に置かれています。
公園ですので、芝生もきれいにされていますし、木なども絶妙な位置に植えられています。
こういう霊園の中に葬儀の会館を作ることも最近では増えています。


葬儀から納骨までを一つの場所で行うことができるので人気が出てきているのです。国立の霊園はアメリカ国内にも多く、一般の人の墓以外にも陸軍が管理している墓地や海外軍人墓地などもあります。

国立公園は南北戦争で戦死した兵士を埋葬するために始められました。国立公園に埋葬される人は年々増えてきています。

墓碑の形は統一されているので美しいのですが、お墓が多いので目的の場所を探すまでは大変です。

霊園の中には霊廟や納骨堂、散骨庭園などがあります。近年ではお棺におさめて土中に埋めるという方法のほかにも火葬をする人も少しずつ増えており、火葬後の遺灰を入れた骨壷を安置しておくための納骨堂や散骨庭園が必要になってきています。

アメリカの霊園事情は日本と似ている部分もありますが、散骨庭園などは故人の意見を尊重したものであり、アメリカらしい部分です。

散骨庭園の中にはその区画がバラ園になっていることもあり、故人は花の香りに包まれてゆっくりと眠ることができるのです。


https://www.youtube.com/watch?v=0sPVs96Bjh8
http://www.sougisupport.net/hiyo_average.html
http://www.doho.ac.jp/news/news2011/574.html

大正の葬儀の情報が欲しい方必見です。

千葉のペット霊園情報サイトを利用しましょう。



今話題の今里の葬儀情報を網羅した総合サイトです。

大正の葬儀関連情報サイトです。